京都暮らしの魅力

京都に憧れる

京都というと世界的にも有名な観光地であり、日本人にとっては歴史的建造物や世界遺産等、誇れるものがたくさんあるというイメージがあります。
修学旅行でも、この地を訪れたという人がいると思いますが、京都は古くから京都の文化を大切に守り抜いてきた暮らしがあり、京都の人は常に京都に暮らしていることの意味を、しっかりと考えていると感じます。

世界の人気観光都市ランキングで、2年連続の第1位という快挙を成し遂げる、日本屈指の観光地、京都の暮らし、どのようなモノなのか覗いてみましょう。

京都で暮らすという事、それは「住」のコストが低く済むということ

東京に仕事などで上京し、その後、京都にUターンするという方も多くなっています。
東京で暮らしてきた方が京都に帰ってきて、京都で暮らし始めた時、何よりも感じるのが家賃にしてもモノを購入するにしても、生活に必要なモノを購入する際、物価の安さを感じるといいます。

実は京都の中心地と呼ばれる地域でも、家賃は東京よりも5万ほど安いのです。
生活の基盤となる家賃が安いという事は、非常にありがたく魅力的な事です。
また東京暮らしは、朝起きて仕事にいって帰宅して寝る、という生活になっている方が多いと思うのですが、京都は働き方にもよりますが、時間をまったりとつかう暮らしが十分に可能だといいます。

人の繋がりが密な京都

東京いいると、ふと、自分一人だけがヒトとのつながりなく暮らしているような気持ちになります。
仕事、帰宅、寝る、起きる、仕事・・・という繰り返しの毎日で、人とのつながりが仕事以外にない、といった感じなのですが、京都は、仕事と暮らしが非常に近くにある、というイメージなのです。

京都は東京ほど大きな都市ではなく、街の作り最寄コンパクトになっています。
そのため、ビジネスで出会った人と、偶然街の中で遭遇するという事も多いのです。
知り合いと居酒屋であったら、その知り合いと自分の友人が一緒で繋がりを感じるという事も多々あります。

街に暮らす誰もが繋がっているのではないか?という錯覚を覚えるほど、街がコンパクトで暖かい、こういう空気の中に暮らしていると、例えばイベントやお祭に参加してみたくなり、自然とコミュニティ参加ができるようになるという魅力もあるのです。

自然が妙に都市部に組み込まれている

東京、大阪などの場合、中心部から離れるほど自然が多くなるという地域ですが、京都はうまい具合に自然と都会的な部分が共生しているのです。
だからなのか、ちょうどいい感じの田舎暮らしが出来るのです。

都会の雰囲気も欲しい、でも寝る場所は田舎がいいという贅沢な願いも、京都という地ならかなえてくれる要素があるのです。

京都というのは閉鎖的というイメージをお持ちの方も少なくないのですが、最近はリノベーション物件が多くなっているという事もあり、閉鎖的というよりも良き暮らしが出来る土地、という感じがあります。
魅力あふれる京都という町に移住という事を考える人が多いのも納得です。