長野暮らしの魅力

長野県にIターン

最近長野県にIターンを考える人が多いと聞きます。
Iターンというのは、都市部に暮らす人が地方に移り住み、定住するという事をいいます。
例えば元長野県で育ち、仕事の都合で東京などに移住、その後、長野県に戻って定住するという場合は、Uターンですが、Iターンの場合、もともと長野県が地元という事ではなく、都会から別の地方に移住する事を差します。

ちなみに、地方出身の方が一度都市部に出て暮らし、その後、「別の地方」に移住するという事をJターンといいます。
地方でも過疎化が進む地域などでは、地方自治体によって定年退職後のIターンを積極的に誘致したり、若い人材を取り込むために、家屋などを提供し地方に定住を促進する等の活動が行われています。

長野県でもこうしたIターンに力を入れており、ウインタースポーツのメッカという事もあり、最近は若い世代も長野県に移住する方が多くなっているのです。

最高の自然と避暑地としての魅力的な特徴

長野といえばスキー、スノボーなどを冬場堪能できる地域が多く、また川、湖、山等、アウトドア好きには最高の楽しみがたくさんできる地域として知られています。
高層ビルや複合ショッピング施設が多数ある地王環境ではありませんが、人間らしい暮らしができる魅力を持っているのが長野県です。

また、夏場避暑地として利用されることも多い長野県は、標高が高い、海に面していないということで、夏場でも夜は気温がぐっと下がり、クーラーなしで十分、ちょっと肌寒いかな?と感じる事も多く、過ごしやすいのです。

ウインタースポーツが好きな人は最高の暮らしができる

ウインタースポーツシーズンになると、世界各国からプロスキーヤーやプロスノーボーダーも訪れるという長野県です。
冬季オリンピックが開催された地としても知名度が高く、そんなウインタースポーツのメッカに暮らすことができるという事は、冬場、いつでもスキーやスノボーができる毎日が待っているという事です。

自宅から身軽にスキー場に行くという事が出来るのも、長野県ならではです。
大荷物をもって準備をしっかり行って出かけるということも、長野県のスキー場近くに暮らすのなら全く必要なく、気軽にエンジョイできます。

長野といえば温泉

長野県は温泉が豊富という事でも知られ、有名なスキー場の近くなどにも、日帰り温泉などが多く、また温泉宿も多数存在しています。
松本市、諏訪市などでは、自宅に温泉を引いていて、自宅のお風呂が温泉という所もあるので、この辺りに暮らす際、温泉付き物件なども見つける事が出来るでしょう。

休日、スキーやスノボーを存分に楽しんで近くの温泉でのんびりリラックス、それから自宅に帰って一杯飲む!という暮らしができるのも長野県の魅力でしょう。

信州そばに野沢菜、食べ物も最高

畜産業が盛んで、寒暖差があるためおいしい野菜や果物がとれる長野県では、グルメも豊富です。
お焼きや五平餅等、信州そばなどの昔から伝統的に伝わってきた最高の郷土料理も楽しめますし、ワイナリーも多いので最高のワインを安く飲める、購入できるという魅力もあります。