沖縄暮らしの魅力

のんびり時間が流れる沖縄での暮らし

沖縄時間というものが存在します。
これは褒められる事ではないのですが、沖縄に暮らす人たちののんびりした気質、せかせかしていない人間性をよく表しています。
待ち合わせ時間はあくまでも理想的なもので、通常、遅れてくる(しかも大幅に)ものなので、時間に間に合わなくてもあせらないし、時間に来なくても怒りません。
忙しく暮らす都市部の方にとって、考えられないことでマナー違反とも考えられる事なのですが、沖縄だから「あり」になる時間の流れです。

沖縄は日本最南端に位置しています。
美しく青く、海外にも負けない最高の海、美しく澄み渡る南国独特のからっとした空、自然がそこかしこに残っている日本屈指のリゾート地としても世界的に知名度が高い県です。

明治時代、日本に編入する以前は、琉球王国という独立国家であり、独自の美しい文化を気づいていました。
しかしその後、戦争によって翻弄され、日本国内で唯一の陸上戦が繰り広げられ、さらにアメリカの占領下にあったという歴史も持っています。
このような歴史を持っていても、沖縄に暮らす方々は明るく前向きでやさしく温かいのです。

美しく手つかずの自然が残る沖縄

沖縄といえば美しい海、自然が魅力です。
沖縄本島南部には新原ビーチという美しい白砂のビーチがあります。
3月から4月には海開き、10月末まで泳ぐことができるという沖縄は、最高のリゾート地です。

この新原ビーチは遠浅で泳げない方、小さいお子様でも海の中をお散歩するように南国の海に暮らすお魚たちを見ることができ、グラスボートなどを利用すれば、美しい沖縄のサンゴ礁を見ることもできます。

沖縄だから食べられるグルメも一杯

琉球王国という独自の文化を持っている沖縄は中国の影響も色濃く受けているため、食事という面でも、本州などと違う面がたくさんあります。
ソーキそばにラフテー、ミミガーにチャンプルー、おばあが作るサーターアンダギーは最高のおやつです。
沖縄にはたくさんの大衆食堂があり、そこに行くとその地域のおいしい沖縄グルメを堪能できます。

沖縄はアメリカの占領下にあったという歴史があるため、ハンバーガーなども本格的です。
現在も沖縄には米軍基地があるという事もあり、ステーキにしてもファストフードにしても、アメリカンサイズのお店も多いです。

気候も人も「温暖」だから暮らしやすい

沖縄に旅行に行ってすっかり沖縄に魅了され、移り住んだという人も少なくありません。
年間平均気温は20度を超えています。
冬でも暖かくコートいらず、夏もじめっとしていないので過ごしやすいのです。

日本の中にあって南国の雰囲気バツグンで、食べ物もおいしく、また何よりも人が魅力的です。
暖かくフレンドリー、常に「なんくるないさー」(なんとかなるさ)と物事に対してどんと構えているところがあります。
非常に友好的な沖縄で暮らしてきた方々には「ゆいまーる」(苦しい時でもお互いに助け合う)精神が息づいています。

いつでも「めんそーれ」と迎えてくれる沖縄で暮らすというのもすてきな事です。