ネットを使用する方は必見!シェアハウスのインターネット事情について

シェアハウスのインターネット環境も大切なこと

今はどこにいてもインターネットを利用出来るようになっていて、スマホ、タブレットなどでネットを活用されている方がほとんどです。
一人暮らしする場合にも、その物件にネット環境があるか内科という事はとても重要な事です。

シェアハウスも通常、今ではインターネットを入居と同時に利用できるようになっているところがほとんどです。
個人で手続きが必要とか支払が必要という事はほぼないので、この点は心配しなくてもいいと思います。

ただネット環境のタイプと接続の環境、状況についてはシェアハウスごとに異なります。
ネット環境のことについてもしっかり理解しておくべきでしょう。

シェアハウスのインターネット環境はどんな感じ?

リビングと個室共に有線で利用できるという環境、さらいリビング、個室共に無線で利用が可能という環境、さらにリビングが無線で個室は有線という環境などが考えられます。

今まで自宅で無線環境でインターネットを利用していた人は、有線で利用しなければならないとなると結構面倒です。
無線LANの環境が整っているところはいいのですが、有線の場合には個別にLANケーブルが必要となる事もあります。

もちろん有線を無線に変えることもできますが、この場合、個人で無線LANルーターを購入して設定する必要があります。
設定といっても今のルーターは気軽に設定できるようになっていますので、購入だけ考えておけばいいでしょう。

インターネットの接続状態はどうなのか

接続の環境がいいかどうかという点については、そこに暮らしてみなければ実際の所、判断できないと思います。
接続はできても動きがかなり遅いという場合もありますし、個室によっては全くつながらない・・・という事も、無線LANの場合あり得ることです。

動画など容量が大きなものを長時間利用するという方もいると思いますし、元々、接続されている回線の速度が遅いという事もありm差う。
シェアハウスに暮らす方でインターネットを常に利用しなければならないという場合には、ポケットWifiを利用するなど、個人でそれぞれが工夫されているようです。

内覧の時にこうしたネット環境について確認し、管理されている会社にどういう状況になっているか質問するなどして、入居前に把握しておく方がいいと思います。

特に、インターネットを常に活用して仕事することが必須という方は、仕事に支障をきたすので、入居前に必ず確認し、環境が悪い様だったら自分でポケットWifiを購入するなど、手段を考える方がいいと思います。

一応、運営会社に報告しできればもう少しいい状態のネット環境にしてほしいといっておけば、もしかすると、環境を変えてくれるかもしれません。