シェアハウスのメリットとデメリットは?

なんで人気なの?

シェアハウスに関するよくある質問として、一つ目にお答えするのは「シェアハウスのメリットとデメリットは?」というものについてです。
やはりここが最も気になるという人が多いでしょう。
ここではまずシェアハウスに生活することによるメリットについて紹介します。

シェアハウスのメリットとして一つ目に挙げられるのは「安く住み始めることができる」ということです。
「シェアハウスへの入居に掛かる初期費用」の記事の中でも触れましたが、基本的にシェアハウスは敷金や礼金が設けられていないケースが多いのがポイントです。
前家賃と保証金だけで住み始めることができるために、かなり安く生活を始めることができるというメリットがあります。
ただ、礼金についてはともかく敷金についてはメリットもあるお金であるため、敷金があるというだけでそのシェアハウスを敬遠するようなことは辞めた方がよいでしょう。

二つ目のポイントは「備え付けの家具家電がある」ということです。
キッチンには冷蔵庫があり、リビングにはテレビがあることが多いでしょう。
各部屋に備え付けのものがあるかどうかはハウスによって違っています。
中にはアパートなどと同じくエアコンやベッド、机に至るまで設置されているという場合もあり、新しく家具や家電を揃える必要がないというメリットがあります。

三つ目のポイントは「水道光熱費を気にしなくて良い」ということです。
これもハウスによってルールが違っていますが、家賃に含まれる共用費の中に水道代や光熱費が含まれていることが多いため、これらについてあまり気にする必要がないということが挙げられます。
ただし、業者が行っているシェアハウスではなく、プライベートで行うシェアハウスの場合にはこの限りではないため注意する必要があります。

四つ目のポイントは「色々な人に会える」ということです。
これを最大の目的にしてシェアハウスを利用するという人も少なくないでしょう。
やはり多くの人と出会うことが出来、会話をしたり一緒に生活出来るということは人生に取って大きなメリットがあります。
様々な価値短を取り入れることができ、自分に取って人間的な成長を促すことにも繋がるでしょう。

シェアハウスのデメリット

シェアハウスには共同生活故のデメリットというのも存在しています。
こちらについても事前に納得した上で住居探しをしなければ、予想以上のストレスフルな生活になってしまう可能性もあるため注意が必要です。

デメリットとして一つ目に紹介するのは「共用部分の清掃」です。
業者が行っているシェアハウスの場合、共用部分は業者が清掃を行う場合が多いですが、これが質の高い清掃であるとは限りません。
なかなか綺麗な状態を保つことが出来ないという場合もあり、その場合には不愉快な生活を強いられることになってしまいます。

二つ目のポイントは「防音」です。
アパートなどと違って、一つの家の各部屋を各人の居住スペースとして扱っている性質上、防音面があまりしっかりしていないケースがあります。
隣の人の声や生活音などが聞こえてしまうようなこともよくあるため、事前にしっかりチェックをしておくようにしましょう。
特に特殊な生活リズムの人がいる場合には影響が大きいために、ストレスを受けたり与えたりすることが多くなってしまうために要注意です。

三つ目のポイントは「人間関係」です。
人間関係によってメリットを受ける反面で、苦手な人や嫌いなタイプの人が多いということも少なくありません。
小さなシェアハウスの場合には生活距離が特にちかいため、こういった影響を受けやすいと言えます。
規模が大きめのシェアハウスを選ぶと一人ひとりとの関係が遠くなるため、ある程度マシです。

四つ目のポイントは「安全性」です。
残念なことに、シェアハウス内に窃盗犯が潜んでいる可能性もあります。
この場合、自分の部屋から物が盗まれる、というようなことが発生してしまうことも良くあります。
こういったことがないように、部屋がしっかりロック出来るものになっているかを確認することが重要です。