そもそもシェアハウスとは?

言葉はよく聞くけれど

シェアハウスという言葉は良く聞くようになったものの、それがどういったものなのか本当の意味ではあまり理解していないという人も案外多いのではないでしょうか。
ルームシェアの一種だと考えている人も多いかと思います。
そこでここでは、そもそもシェアハウスというのが何であるのか、ということについて定義の面から紹介します。
シェアハウスというのは、名前の通りハウス(一戸建て)をシェア(共有)するという居住形態を取っている物件のを事を指しています。

ルームシェアが一つの部屋を複数人で利用するものであるのに対して、こちらは家をシェアするという形となっているため、かなり大きな違いがあります。
前者の場合に比べて後者の場合の方が住人同士の距離感は遠いものとなっており、比較的自由に生活を送ることができることは間違いありません。
一人暮らしよりも人が近く、ルームシェアよりも人が遠い、そんな中間的な居住スタイルであると考えて頂ければシェアハウスについては分かりやすい理解ができていると言えるでしょう。

ただ、このシェアハウスには実はいくつかの種類というものがあります。
単純に一緒の家に生活をするというだけではなく、目的や属性を持っているシェアハウスがあるということです。

まず一つ目の属性が、「無条件型シェアハウス」です。
これは特に入居に条件を設けていない、極一般的なシェアハウスの形と言えるでしょう。
特別な目的や理由が有るわけではないものの、よりコミュニケーションを取りやすい形で生活をしたい、あるいはアパートよりも安い金額で一戸建てに住みたい、と思っている人を中心に人気があります。
このタイプの場合、男性も女性も入居できるようになっているものが多く見られます。

二つ目の属性は「男女別シェアハウス」です。
ドラマなどで題材となったシェアハウス内の恋愛などについては排除し、安全安心に生活ができるというのが男女別シェアハウスのポイントです。
女性に取っては勿論のこと、男性にとっても異性がいないことによってより快適な生活を送ることができるために、どちらにとっても人気が高いタイプのシェアハウスとなっています。
ただし、同性とはいえ別人であり考え方はそれぞれであるため、その点には十分注意を払わなければならないでしょう。

目的のあるシェアハウス

では、目的のあるシェアハウスというのはどのようなものなのでしょうか?
例えば「ミュージシャンシェアハウス」というのがその種類の一つとして挙げられます。
これは入居条件としてプロをめざすミュージシャンである、ということが付加されているものです。
同じ目標を持つ人同士が共同生活をすることによって、切磋琢磨をしてより目標に近づいていこうというのが目的です。

ほかにも「芸術家シェアハウス」や「デザイナーシェアハウス」、「ノマドワーカーシェアハウス」など、職業や目的によって入居条件を定めている場合が多く見られます。
お互いに応援しあうことができるのが大きなポイントとなっています。

さらに「趣味シェアハウス」というのもあります。
例えば「鉄道好き」だけが集まるシェアハウスというように、決まった趣味を持っている人だけを募集するタイプのシェアハウスです。
仲良くなりやすいという反面で、対立も起こりやすい一長一短のシェアハウスとなっています。