シェアハウスへの入居にかかる初期費用

事前にチェックをしておこう

シェアハウスを借りる場合、継続的に必要となるお金と、入居時に必要となる初期費用とがあります。
では、初期費用として掛かるものとしてはどのようなものがあるのでしょうか?
掛かる可能性があるお金としては「保証金」「前家賃」の他にも敷金や礼金などがあります。
決められている費用がどのようなものであるのかについて簡単に紹介します。

まずは「保証金」についてです。
これは地域によって敷金のことをこう呼んでいるというケースもあれば、別のものとして扱っているケースもあります。
保証金という呼び方を使っている場合に見られるのが「敷引特約」というルールを設けているケースです。
敷金というのは、この後でより詳しく説明をしますが、基本的には退去の際に帰ってくる仕組みとなっているお金です。

敷引特約は敷金の内の一ヶ月分などを設定し、その分については退去時に原状回復が必要ないとしても返還をしない、という取り決めを行うことです。
この敷引特約については居住期間が長くなるほど返還額が少なくなるような契約が含まれているようなこともあるため、初期費用としては重要なポイントとなります。
トラブルにならないように、入居前に十分チェックをしておくようにしましょう。

「前家賃」というのは、入居前に一ヶ月、ないしは二ヶ月分の家賃を納めるという仕組みのことを言います。
この場合にも返還が行われない仕組みとなっているため、初期費用として単純に支払いが必要です。

敷金と礼金

それでは、多くの賃貸などでも見られる敷金と礼金について説明をします。
まずは分かりやすいのが「礼金」で、これは大家に対するお礼金のことを指しています。
特に意味があるお金というわけではないために、設定をしていない住居も多くあります。
勿論返還されることもありません。

これに対して敷金というのは「原状を回復させるためのお金を先預けしておくもの」だと考えて頂ければ良いでしょう。
つまり、退去の際に入居した時から部屋が汚れたり痛んだりしていることがないのであれば、全額の返還を要求することが出来るものです。
また、禁煙ではない場合に喫煙による壁紙の劣化があった場合や、日当たりが良い部分の床の日焼けがあった場合などについては「経年劣化」として扱われることになるため原状回復の義務がありません。

さらに、新しい入居者のために設備を新しくしたいという場合にそのお金を敷金から捻出することも法律違反です。
敷金として徴収されたお金は、特別大きな傷などを付けているか、あるいは前述の敷引契約を結んでいるかしないかぎりは基本的に返還されるものだと考えておいて構いません。
ただ、シェアハウスにおいては敷金礼金なども設定せず、保証金と前家賃だけという形にしている場合も多いため関係がないことも少なくありません。